E784A1E9A18C-21f5c[1].png

2015年11月11日

★かばん★

無題.png

本日はかばんつけたしです

o0280021012572477556[1].gif

移植画像です

o0280028012572476703[1].gif

最後までお読みいただきありがとうございました





posted by city at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★映画監督★

無題.png無題.pngo0463018013480502744[1].png


キム.ギドク監督

先日ブログを描いていると、ニュースのところに
キム.ギドク監督の表示が流れてきていたのですかさずクリックして読んでみました
のような内容でした
以前ノートに映画情報記事を貼ったりして遊んでいると書いたことがありましたが
そういえば昔貼っていたような。。。。と
ありましたありました
それにしても嘆きのピエタといい、悪い男といい
相変わらず心にグッさりきますね
暴力はやばいことと
文章で説明されるのもおっかないものですが
この監督の作品の場合
やばいやばいやばい!!!! !!!
と生理的に本当にいけないことと
直接訴えかけてきます お話も怖いですが、映像から放たれるオーラが怖いvvvv
冷や汗が出ますこれがキムギドクパワーですね 独特ですねvvvv感動
大概のことは、ふん とふてぶてしく出来ますが
こちらの描写は別のような気もするような感覚です
この独特の毒性のために作品については激しい論争を巻き起こしましたが
なんだかんだで各賞を次々と受賞していく姿は
作品に通じるものがあります
尊敬
暴力の部分=闇を強く描くことで
愛=光の部分を引き立たせる
という風にされているのかな??
とも思いましたが、そういう理屈抜きでもいろいろ心ゆさぶられますね。、;。
このキム監督は幼少時は貧困に喘ぎ、苦学され、軍隊、牧師の学校にも
通ったという経歴の持ち主
なんと、人生そのものの
映画作品ではないですか!!
やはり作品=人なのですね
私は文章あまり得意ではないので
この気持ちを絵文字にすると
@@@@vvvvという感じでしょうか?
いろいろな意味で濃い監督さんです
びっくり
本日も最後までお読みいただきありがとうございます


行定勲監督

今日はいつものオタの症状が発症して
以前の映画大好きノートの切り抜きを読み返していました
80年代の名曲も大好きでユーチューブでよく観て
にやけているのですが映画音楽、映画なども、もちろんよく観ます
その中でも独特の情緒を放つ行定勲監督作品が大好きです
もうちょっとで壊れてしまうのではないか?
と思うほどの繊細さを持ち合わせながら時に
大胆な世界観で見るものを魅了してくれます
その作品たちの特徴として一瞬一瞬を切り取って
写真や絵画に作り替えても何ら問題ないような美しい画面構成です
私個人としてはいろいろな色と戯れる宝石のような光の表現と
音楽とのハーモニーに目が釘付けです
行定監督作品はセカチューなど、生と死、愛、、、生きるとはなんぞや。。。と
そのまま問いかけて揺さぶりをかけてくるストーリーが多いのですが
一見生々しくなってしまいそうな題材を描写していても汚らしくならない
あくまで極限までの美しさに昇華させてしまっているところに果てしない試行錯誤
スイコウの足跡と力量を感じずにはおられません
この映画では大正初期の貴族社会の物語…様々な時代背景と
人間のエゴに振り回されながらもそこに一粒だけ生まれる愛が
美しい世界観で表現されていました。。…。儚いからこそ
その美しさは輝きを増したのかもしれませんね
うっとりするような音楽、、光と色彩のハーモニーを
目に焼き付けたい。。。
そんな世界観が広がっていました
皆さんが行定監督の作品を見るときは是非
四隅まで、見落とさず観て観て
と思ってしまうような作品たちです









posted by city at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

★心理学移植★



本日は以前ブログに投稿していた心理学記事を

ひとつにまとめて少し投稿してみました



無題.png


アメブロのほうに投稿してあります

無題.png

最後までお読みいただきありがとうございました





皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近は先日投稿した本を
手元において生活するという日々が続いています
目次をずらっと書いてみるとこんなかんじの本だったのですが
何となくこちらも重複した内容だったので
腑に落ちながら読むことが出来ましたが油断は禁物
というイメージですね



家族のストレス
日本人の薬好き
職場のストレス
考える医学
両親切断療法
学校嫌い
中年からの医学
下医は病を治し、中医は人を治し、上医は国を治す
心身医学について
心と体
心身症とは
心療内科の現状と将来
心療内科へ誤解
交流分析とは
自我状態の分析
自我状態の病理
交流分析
自己統御のポイント
エゴグラム
ストローク
基本的な構え
時間の構造化
ゲーム分析
脚本分析
東洋的な交流分析
まとめ
なくから悲しい
リラックス療法の実際
自律訓練法
自己浄化法
人生相談、カウンセリング
静中の動
自然に学ぶ
悟りと全託による治癒
自己コントロールの実際的応用
脳とPAC
記憶と感情
性格は変えられるか
条件反射について
分析から総合へ、ヒューマニズムの医学
学習とは
行動療法とは
積極的条件付け療法
系統的脱感作療法
断行反応
性的反応
オペラント条件付け療法
生体フィードバック法
私の十字架
心身医学にたどりつくまで
家庭内の葛藤
無知の知
三人の父
茨の道
東洋の光

内容としては、文章の端々に常に患者さんのためという動機がちりばめられており
昔ながらの古きよき時代のお医者様といったイメージの内容で
お顔はいかにも匠というイメージの先生です
甥子さんは臨庄心理士の池見陽先生だそうです
こちらの分野にもやはり色々なやり方考え方があって目を見張ります
本文にかかれてありますが、やはり、精神分析療法は
長年の熟練した技術等が必要とされていますが
過去の出来事に重点が置かれるため、人によっては
新しい未来を切り開く意欲がそがれることもあるそうです
交流分析のほうが親しみやすい、というイメージだそうです
もちろん心理学ブログのほうには重複した内容が多く載せてありますので
ラッキーでした
それでは良い一日を




今回はこの本を読んでいます
前回交流分析がややこしいな。。。と投稿していたのですが
wikipediaで何度も繰り返し読んで
理解しようとしていた部分がラッキーなことに
こちらの本にぎっしりと掲載されていたので
再びトライ。。。。

池見酉次朗先生著
心療内科、、続。心療内科。人間回復を目指す医学
心でおこるからだの病
心療内科
自己分析
幸せのカルテ
サラリーマン診療室
精神身体医学の倫理と実践
行動療法と心身症
交流分析と心身症
現代心身医学
医学における暗示療法
セルフコントロールの医学
などがあります。
とてもラッキーだと思ってしまいました

そしていつもどうり心理学ブログのほうには
装飾をはずしてメモしておきました
わお今回の本は結構すごい
では、本日も良い一日を


カウンセリング概論
来談者中心療法
精神分析
カウンセラーの基本的態度と基本応答技法
カウンセリングのプロセス
認知療法
家族療法
傾聴訓練
交流分析
グループカウンセリング
カウンセリングにおける倫理的問題
行動療法
身体に現れた心の問題のカウンセリング
心理テスト
産業場面におけるカウンセリング
子育て支援とカウンセリング
カウンセラーのためのストレスマネージメント入門
来談者中心療法
非行と犯罪に関わるカウンセリング
家族の問題のカウンセリング
精神分析的カウンセリング
内面の成長とその援助
学校場面におけるカウンセリング
精神医学
事例から学ぶカウンセリング
傾聴訓練
グループカウンセリング
認知療法
カウンセリングの学び方



輝けこれからの世代の子供たち
頑張るおじさま世代、おばさま世代、ギャル世代
そしてワンコもにゃんこも
心に関することは上記のイメージで進めてますが
まだ詰めの甘いところ、抜け落ちているところ多々あり
認知行動療法のところ抜け落ちているかな?
精神医学のところもあやしい。。。。
輝け女子力、男子力
心豊かに


今日の読書はこれ


何を隠そう隠れオギラ〜なのです^^
隠れてないって??^^
輝け女子力男子力
心豊かに


以前紹介させていただいた本なのですが
表紙をとってしかも赤線だらけの状態だったので
詳しい情報が伝わらなかったかもしれませんので
めて探してみました
名前が
ザ。臨床心理学科
京都文教大学臨床心理学科、、創元社
カウンセリングとは何か、理論編
ナカニシヤ出版



今日は臨床心理士の金盛浦子先生のご本を読みかえしました
人にはいろいろな考えがあってそれぞれが正しいと思います
今回は臨床心理士の先生の正しいの世界を覗いて見ています
今を取り巻く女性の環境などを考えながら
その人が、健やかな心を持ち、のびのびと成長し
能力を発揮できるように詳しく丁寧に説明された本でした
語り口が女子で可愛い文体になっていますよ
少しですが金盛浦子さんのご本紹介しておきますね
あなたは、信じるだけでいい―夢の数だけ幸せになれる/大和出版


今日は日本版リカバリーの読み返しです
一応頭に仕組みは叩き込んだつもりですが、
ぽろぽろとところどころ忘れそうです


アート作品と心理学両方というのは欲張りかな?
覚えろあたしvvvvv

男の子の思春期.、、、学陽書房、、、、、尾木直樹
困った親への対処法、、教育開発研究所、、、、尾木直樹
尾木ママの叱らない子育て論、主婦と生活社、、、尾木直樹
カプセル家族の危機、、、学研新書、、、、尾木直樹
勉強熱中時代、、、、尾木直樹
思春期ばんざい、、、、草土文化、、、、尾木直樹
学級崩壊をどう見るか、、、日本放送出版協会、、、尾木直樹
学校を元気にする50のルール、、、三省堂、、、尾木直樹
教師格差、、、角川書店、、、、尾木直樹
12月12日、、、、、心について、、全体、、、の記事に記されている部分で
子育て支援とカウンセリング
家族の問題のカウンセリング
内面の成長とその援助
学校場面におけるカウンセリング
の部分を尾木直樹先生の本を読んで
もう少し色付けし枝葉を広げてみました
大体のイメージと具体例を知ることができたので
もっと定着させてゆきたいですね



おっとお部屋を片付けていると
昔のこのような広告と本発見
女性専門の方のカウンセリングですね
カウンセリングの方は図書館やネットで調べて
ある程度の情報はゲットできましたが
女性の側の視点に立って
と言う見方ももちろん見落としてはいけませんね
ちろん私はその道のスペシャリストではないので
安易な発言等で心にメスを入れる行為はできません
ただ何をするにしても心の基盤に
そういった情報が入っていたほうが良いので
情報はこれからもゲットしたいですね
日本の女性は特に日本独特の
封建制度の名残の下地によるご苦労等
大変な点も多いと思います
罪悪感を揺さぶられて操られやすい
いう一面もあるかもしれません
ハンドブックの方は、働く上での基本の決まりが
ぎっしりと書いてあったので
目で追った程度です
一応持っておきます
臨床心理士の信田さよ子先生がおっしゃるように
日本の家庭という単位での危機管理も
必要となってくるのかもしれませんね
どんなときも自分にハナマル
を付ける気持ちは大切ですね
ブログを書くときは
なるべく読んでいてテンションが上がるような内容
明るい色を使うこと
を心がけておりますが
今回は少し普通のテンションのお話でした
もちろんアートの方の作品を創るときも
ただ創るのではなく
人の心に良く作用する作品となれば素晴らしいな
と改めて思ったのでした



早速目を通してみようと。。。。。
うう。。。。。
…て書いてあることは
他の先生方と同じではないですか


勇気付けの家族コミニケーション
続アドラー心理学、トーキングセミナー、野田俊作
性格はいつでも変えられる
アドラー心理学トーキングセミナー、野田俊作

うん。。。念には念を
今日もゆる〜〜く進むべし
今回の香山リカ先生の御本で注目した文章が
こちらです

いつか見返りがあるかも
という、、心の貯金でもいい
よいことが出来てよかったと
満足することが、、むくわれること

今日はこの本を読みました

音に色が見える世界、共感覚とは何か
岩崎純一、php新書


共感覚について、筆者個人の状態を説明したり
具体例を揚げたりしています
共感覚とは、文字や、数や音や、時間の単位に
色がみえたり
ミラータッチ共感覚では
第三者が対象者に触れているのを見て
自分が対象者に触れているのと同じ触覚が生じたり
第三者が対象者に触れられているのを見て
自分が対象者に触れられているのと同じ触覚が生じたりする
らしいです
いちいち文字に色が見えたりすると
大変じゃなかろうか???
世の中には色いろんな人がいるからな
色とりどり輝く個性
筆者ご本人さんは記憶するときに利用する
などして、結構楽しんでおられるみたいです
こうやってみても人にはいろいろな特徴があるので
それぞれの良さが引き出されるといいな
と思いました
その人の良さを引き出す方法のひとつに
音楽を利用するという方法もあるそうです


水野和彦、音薬効果
なぜ人は音で変わるのか、情報センター出版局
こちらでの 音楽 は 音薬 と
表示され、区別されています
これらはNAM=ニューエイジミュージックと
呼ばれ、その作曲家は、アーチストというよりは
心理技術者、音楽調合師という感覚だそうです
日本ではまだ一般的でないそう
実際の音源の一部ををきいてみると
こんな感じでした
おお〜〜 なんだかぽっか〜〜ん と
する感覚になりますね
いかにも 薬 って感じだな
普通に音楽を楽しむ感覚とは確かに違う
人はリラックスした状態の時に
その能力を発揮しやすいそうで
この音薬で体や潜在意識に働きかけ
人の個性を伸び伸び輝かせるそう
なんだか愛です


植物に音楽を聴かせるとでdeathメタルなどでは
音の方向と反対に成長したりするみたいです
受動的のものもあれば
集団で合奏演を志向し
参加意識や役割意識、目標達成の喜び
などを通して効果を発揮する一面もありますので
アートセラピーにもつながっていますね
あとはサブライトマン、エンヤ、坂本龍一氏の
音楽もこの分野らしい
アルファー派の振動波形が最も美しいと言われている。
美しいといいうことは、脳が調和的で、さらに集中している
状態にあるということである。本文より引用
確かに人間わざとは思えないほど
神がかり的に美しく
癒されます
ういったしくみだたのね〜〜と
腑に落ちた感じがした
今日このごろ
ひたすらときめき
本日も最後までお読みいただきありがとうございました


ここ数日の残骸
美しいモノではないので
モザイクをかけさせていただきましたvvvv爆
知識を集めたからって何か出来るわけではないけれど
むやみやたらに発言する訳にはいかないけれど
ぶれない気持ちを創る
どんな状態が来ても人のお心をお気持ちを
柔軟に支えられるような人間になりたいと
そのような心を創りたいと
そんな感じで
ただ、知っておかないと、人の心は
よくも悪くもいろいろなエネルギーがあるので
知ることは
ものすごく重要なことだと思います
たかが机上の空論
されど机上の空論

心豊かに






posted by city at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。